HOME   »  先代みみ
RSSフィード


先代みみは平成21年7月31日に19歳半で他界しました

みみが赤ちゃんの時、母の友人宅より譲り受けて両親二人で育てていましたが
みみが10歳の頃さらにわたくしが引き受けることとなりました。

優しく静かな手のかからない子で病院通いもほとんどありませんでしたが
さすがに晩年は「慢性腎不全」を患い、
最期の1年くらいは自宅での皮下点滴を余儀なくされました。

毎日の皮下点滴はみみにとっても私にとってもつらいものでした
会社から帰宅し家事が一段落した午後7時ころから始めるのですが
私が点滴バッグをレンジで温めたりなど用意をし始めるとその気配を察して
お部屋の隅へ逃げ込むのですが聞き分けの良いみみはすぐにかんねんし私の手におちるのでした。

最期は2キロほどに痩せてしまったので点滴の針がいれにくく
時々みみを鳴かせてしまいましたね

いまではそれさえも懐かしいけれど・・・




でもやはり残されたものの常ですね、
「もっと私が賢かったら」
「もっと私に知識があったら」
慢性腎不全、それさえも患わせることがなかったのではないだろうか、と今でも夢想するのです。

最近「クリスタルピュア」というピンクの給水器があって
いま我家では三匹の猫たち全員のお気に入りで人気の猫グッズの一つなのですが
これがあのみみの時代にあったら、足が弱くなってかがみにくくなったみみがもっと楽にお水を摂取できたなぁ、
とか思うのですから果てしないですね、人間の欲望って

もっとあなたと一緒にいたかった。
辛い思いをさせたくなかった。

みみのことが大好きで大好きで
息を引き取った時私は病院で不甲斐なくもがくがくっと崩れおちました。

膝からだったのか、腰からだったのかは分からないのですが
生まれて初めての経験で
全身から力が抜けるというのはああいう事なのだと思います

一瞬私の身体のパワーが無くなったのです。
「気力」と言うけれどその言葉通り人間の力は気持ちで出来ているんじゃないかと思いました。
どんなに健康でも思いひとつで立てなくなるんだと・・・

みみは苦しい時も悲しい時もいつも私の傍にいてくれました
私だけをみつめ、その優しさで私を包んでくれました。
あの頃の私はそれを自覚していなかったけれど今になって分かる、
みみはわたしの力だったのだと

猫には神通力があると言いますが言葉では語れない、
語れないからこそ心で通じ合うみたいな不思議な力が猫にあることは
否めない事実だと感じています

この尊い命(それは猫だけではなく)が悲しい運命を辿ることのないよう
少しでも進化しなくてはいけないですね。

この尊い命を粗末にしているような社会はいつか駄目になると思うから。

ランキングに参加しております。
ぽちっと押して頂けますと励みになります
どうぞよろしくお願いいたします


人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

















検索フォーム
愛しい猫たち
(私のもとに残った猫たち)
三毛猫「みみ」(先代)女の子 (ピーク時5.22kg、ダイエットして4.3kg位をキープしていました)
10歳の時に両親から譲り受ける。
平成21年7月31日19歳半で虹の橋を渡りました。
今はお空の上から交信中(*^^)v

mysweetmimi[1]

シャムミックス 「りこ」出生時期不明 平成28年2月18日虹の橋を渡りました。(年齢は7歳位?)会社裏に来るようになりTNRして見守っていましたが体調不良をきっかけに保護し通院しましたが叶いませんでした。今はお空から見ていてくれています。
201602241127119e5[1]

黒白はちわれ「もも」女の子 お年は不明。平成20年ごろ出生と予測しています。5.6kg。
平成21年12月18日野良ちゃんだった所を保護。我が家に入って頂きました。
(このお写真はまだお外で暮らしていた頃のもも)

秋の日のもも

さばとら白「あとむ」平成23年6月頃出生。 4.3kg。
平成24年3月5日保護→去勢手術→同月7日ももの弟として我が家に入りました。

アトム

三毛猫「みみ」(二代目=里子に出すつもりで保護し便宜上みみと名付けたままうちの子になってしまいました)平成24年5月中旬頃出生 3.0㎏s



赤ちゃんみみ

白三毛「ななみ」(平成23年10月頃出生と思われます。)上記に掲載した母猫「りこちゃん」を保護し亡くした後会社裏に一匹取り残されてしまい雄猫の侵入などもあり安住の地がなくなりました。このまま外にいては危険と判断し平成28年5月13日保護しお家に入れました。まだまだ家猫修行中!左側がななみちゃん、右側がママの「りこちゃん」
20140518173006780[1] - コピー
大人気ブログ 「金物屋の猫ページ」さんのお店です ↓
愛し猫(いとしねこ)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
オンラインアクセス数
現在の閲覧者数:
お買い物なら
アクセスカウンター
QRコード
QR
【ご協力のお願い】
*SOS*仙台の可哀想な猫ちゃんたちを守るためご協力をお願いします。
愛しい猫たち
(里子に行った猫たち)

(里子に行った日付の新しい順から掲載しています)

黒と白お顔の小さなスレンダーボディの可愛い女の子「あんず(杏)」(下記のすももちゃんとまだ里親募集中のゆずくんと3兄妹)平成28年7月11日出生。会社近くで産まれ離乳期近くなり会社の敷地にある猫ちゃん用フードを食べに来たところを車の往来を渡ってくることに心配で耐え切れず保護。(ママの「千鶴ちゃん」も後日保護し今は友人宅に居ます。)平成28年12月18日優しい里親さま(仙台市岩切在住19歳男子大学生)とご家族の子供に迎えて頂きました。↓20161012100531d9b[1] - コピー
黒と白クールビューティな女の子「すもも(李)」(現在のお名前は【ノアちゃん】) 平成28年7月11日出生。会社近くで産まれ離乳期近くなり会社の敷地にある猫ちゃん用フードを食べに来たところを車の往来を渡ってくることに心配で耐え切れず保護。(ママの「千鶴ちゃん」も後日保護し今は友人宅に居ます。)平成28年10月30日仙台市福室在住四人家族の優しい里親さまの子供に迎えて頂きました。↓sumomochan[1]
黒と白お鼻の横のほくろが可愛い「しずか」女の子 出生はおそらく平成26年の春ごろと推測されます。平成27年4月会社の裏庭に来ていたところを保護しました。その頃すでに一歳位だったものと思われます。平成27年5月30日県内登米市の素敵な里親さまの子供になりました。↓201511161433013a7s[1] (113x200)
白地に黒縞斑紋「モモ」女の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年12月3日保護→平成26年1月4日素敵な里親さまの子供になりました。(姉妹の「ナナ」と一緒にお迎え頂きました。↓サイドバー用苺

黒猫「ナナ」女の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年11月28日保護→12月21日に我が家へ移動→平成26年1月4日素敵な里親さまの子供になりました。(姉妹の「モモ」と一緒にお迎え頂きました。↓ななとももツーショット

シャムミックス「風(ふぅ)」男の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年10月31日保護→12月17日素敵な里親さまの子供になりました。(兄弟の「雷(らぃ)」と一緒にお迎え頂きました。↓風くん

濃グレーきじ×白「雷(らぃ)」男の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年10月31日保護→12月17日素敵な里親さまの子供になりました。(兄弟の「風(ふぅ)」と一緒にお迎え頂きました。↓ 雷くん

むぎわら柄「こむぎ」女の子
平成24年5月出生→同年年7月13日保護→9月7日優しい里親さんの子供になりました。「むぎ」と名付けていただきました。↓
小麦

濃グレー×白(長毛)「ポアロ」男の子 平成24年5月出生→同年6月27日保護→7月10日優しい里親さんの子供になりました。↓
赤ちゃんポアロ

茶×白(長毛)「シャーロック」男の子(「ポアロ」と兄弟
平成24年5月出生→同年7月13日保護→その日のうちに「ポアロ」の里親さんのもとに兄弟で迎えて頂きました。↓
201310080857551a0[1]

きじとら(濃グレー)×白
「ミント」男の子 平成23年10月頃出生→平成24年4月
優しい里親さんの子供になりました。↓
千葉建時代のミント
最新トラックバック

PAGE TOP