HOME   »  2016年03月
RSSフィード



Mar.31, 2016

いよいよ明日から4月なのですね~。

こちら仙台も
コートがなくてもお外に居られるほど暖かな
今日この頃となりました。

桜前線もぐんぐん北上、
春の陽光に
身も心も溶けてしまいそうです


あれからなんとなく
心が深海の底を這うような感じで


「愛し」あるじ
「りこちゃん」の在りし日の姿を想い出し
まだまだうるうるしたりしています



P1070434 (450x307)

(左側が「りこちゃん」、右側が「ななみちゃん」)




でも、思い出してくよくよするのも
供養だと言いますから、


くよくよしながら頑張るのです。


目指すは「りこちゃん」の四十九日


(例の「ななみちゃん」を抱っこしながら

002 (600x377)





そしてその次の目標は

「ななみちゃん、
あなたです!」





011 (600x450)


???








Mar.28, 2016

近頃のうちの子たち。

ふと気がつくとこのお部屋に
三匹で固まっています。

まだ「りこちゃん」の匂いがするこのお部屋。



003 (487x600)

(手前から ももちゃん、みみちゃん、あとむくん。)


あとむくんは特に
灯りを消してからも
ず~っとここにいます。

おとぼけな彼には似合わない
どこか神妙な面持ちで・・・


優しくてフレンドリーなあとむくんだから
きっと「りこちゃん」
心の声を聴いてくれているのかな?




りこちゃんのおトイレやベッド・・・

砂の固まりも取らない。

食器も洗わない。


四十九日まではみんな
そのままにしておくね




りことななみ食事中



(2014年1月5日の風景)



Mar. 14, 2016


狭いベランダの
「ごちゃごちゃガーデン」。


「りこちゃんひと筋」でずっとお世話を
忘れていました。


「りこちゃん」が天に召されて少しして
久しぶりにベランダを眺めると
薄紫の小さなお花が目に入りました。


今季の開花は諦めていたお花だっただけに
不意を突かれた感じ。


と同時にそのたたずまいは
一瞬「りこちゃん」を連想させました。




お花の名前は「ローズマリー」



りこちゃんを追い求める気持ちが
見るものすべてに彼女を映すのかもしれないけれど。


003 (600x450)


寒さの中でも頑張って
こんな可憐なお花を咲かせる。

派手じゃなくひっそりと…


近づくと
ほのかな芳香が
私を癒してくれる。



005 (600x450)



お花って凄いな。

笑顔にしてくれる。


そんな

「りこちゃん花」

「ローズマリー」




20131025125203580[1]

(丸顔でおちょぼ口の可愛いりこちゃん)





ちなみに19歳半まで生きてくれた
「先代みみちゃん花」

20131017210040fa8[1] (600x450) - コピー



「チェリーセージ」




609 (338x600)

彼女が天に召された夏に(7月)
咲き始めたお花です。


「みみちゃん」
「りこちゃん」もきっと、


心を宿して行ったことでしょう。




大切にして
毎年お花を咲かせるね


株を大きくして
大輪に育てよう。


そして、


いつか地植えにして
永遠の命にしよう。






Mar.11, 2016


いつもと変わらぬ3.11 の筈なのに
丸5年という節目の今日は
あの日の事を尚更強く考えさせられます。

メディアでも東日本大震災の特集番組がいくつも組まれ
報道されてるせいでしょう。

震災・原発による2次的・3次的被害・・・

政府の誤った誘導による命の損失・・・

今更ながらに
初めて認識することがまだまだいっぱいあることに気づかされ
時間とともに風化させてはいけないと
あらためて思いました。



あの日私たちは、
「会社」たちのご飯と寝床を整えたあと
も待たせている者同士おのおの
自宅に向けて急いで車を走らせました。


長く巨大な揺れにただ呆然とするだけでしたが
ひとつ目の信号が斜めに傾き
赤で点滅するだけなのを目にしたとき
何かただならぬ事態が起きた事を感じました。

しかしそれがまさか
あの巨大津波となり原発事故へ波及するなどとは
殆どの人は思っていませんでした。


午後2時46分・・・


もうすぐその時間がやってきます。


謹んでご冥福をお祈りいたします。


秋の日のもも



(私はこの日、
大震災の前々年の12月に保護し
となった「ももちゃん」と一緒に避難しました。)



Mar.8, 2016

皆さま、こんにちは!

全国的にだいぶ
春めいてまいりましたね

三寒四温とかで
行きつ戻りつあるものの
「りこちゃん」の49日が訪れるころには
桜のつぼみも膨らんでいるのではないでしょうか


「りこちゃん」
今頃せっせと「虹の橋の階段」を
ちいちゃな手足で登っております



そんななか
「風くん&雷くん」の姉妹の
「ナナちゃん&モモちゃん」の里親さまから
贈り物が届きました

「里子ちゃんたちの最新ショット!」

嬉しくって
のどがゴックンコとなっちゃう瞬間です。

漆黒が美しい

「ナナちゃ~ん」


025 (600x600)


色白でくっきりお目々の

「モモちゃ~ん」



024 (600x600)

暖かい日差しの中でゴロンする
穏やかでいい子
「ナナちゃん」






027 (600x450)

そんな「ナナちゃん」を見ているのかしら?

斜め顔が麗しい
「モモちゃん」
女の子らしい足の組み方に
「愛し猫あるじ」
なんかすっごく萌えちゃいました


026 (450x600)


そしてそして
こんなに素敵な贈り物までお送りいただきました。






ハート型にクロス模様、
その周りにはビジューが散りばめられ
とっても綺麗なネックレス

(画像よりもきらきらときらめきます


更にペンダントの部分がロケットになっていて
小さな物を入れられるようになっているのです。

私はさっそく付属の小さなピンセットで
「りこちゃんの毛」
たくさん収めました。


ネックレスはペンダントの部分がちょうど
胸の真ん中辺りに垂れるくらいの長さです。


「りこちゃん」が天に召されたあとも
フリースに残った彼女の毛が
悲しくて、愛しくて、
片づけることができず
そのままにしていました。


その収め先がみつかって良かった・・・


「これでいつも一緒にいられるね・・・」

そんな安堵感でしょうか・・・。

その金属の冷たさの心地よさもあったのか
つかえた何かが
すぅ~っとのどもとを落ちてゆくような感じがしました。



「ナナちゃん&モモちゃん」の里親ママさま

素敵な贈り物をありがとうございました。






133 (495x600)



待っていてくれた


P1050652[1]


これからもみんな
ず~っと一緒だよ




Mar. 6, 2016

「りこちゃん」が天国へ還った翌日から
娘の「ななみちゃん」の姿が
見えなくなってしまいました。

以前にもしばらく帰らないことがありましたが
ブログをめくり返してみると
その日数は最大でも9日間でした。

あんなに大好きだった母親の「りこちゃん」
天に召されたことを感じとって
彷徨ってでもいるのではないか・・・

今回はもうすぐ2週間が経とうとしている・・・

いよいよ心配になって来ました。

そんなときふと思い出したのです。

昨年だったか
しばらく帰らない「ななみちゃん」が心配で
同じ名前の
NHKの「ななみちゃん」のぬいぐるみ
買って「帰ってくるよう」願をかけました。

そしてそのぬいぐるみが届いたらすぐに
「ななみちゃん」が帰ってきたことを。

そうだ、あの「ななみちゃん」にまた
お願いしよう

最近は北側のお部屋に置きっぱなしで
その存在さえ忘れかけていた
ぬいぐるみの「ななみちゃん」

「ほっといてごめんね!」と
その夜抱っこして眠りました。

002 (600x377)



(「ななみちゃん」とそのうしろは「うめ吉」

余談ですがこの「ななみちゃん」ぬいぐるみは
堅さといい触り心地といい抱き枕(?)としても最適で
なぜかすごく安らぎます。)

そして翌朝、
車で会社の駐車場に入って行くと
正面にあるお宅の屋根の上に
こちらを向いてお座りをしている
「ななみちゃん」の姿が
真っ先に目に入りました

「やっぱり居た!」

やっぱり心は通じる

ここでもまたちゃんの神通力を感じてしまいました。

007 (600x450)



(画像上の横のラインはブラインド越しに撮っているせいです。)



006 (600x450)

そしてななみちゃんの大好きな
「フリスキーキッス」と「ビューティプロ」を
あげながら

「ななみちゃん、りこちゃんが居なくても
寂しくないよ、
私がいるからね

と叫びました。


001 (450x600)

本当はこの私が
一番の寂しがり屋なのかもしれません・・・



さぁ、また一緒に新しい季節を迎えよう


見ててね、りこちゃん


018 (600x450)




Feb.29, 2016

皆さま、こんにちは!

2月も今日でおしまいですね。

気温はちょっぴり高めだったものの
一日曇り空の仙台でした。


私の心にも
まだ降る涙雨・・・



だけどいつまでもくよくよしていたら
いい加減「りこちゃん」から
怒られちゃいそうですね


そんな私に最高の癒し
届きました



「イケメン兄弟=風くん&雷くん」

(こちらは赤ちゃんの時)




伸びて眠る


最新ショットで~す





securedownload[1] (2) (600x450)

なんだか「小学生」から「中学生」へと
移行している感じ?




ミルクティ色の「風くん」



image4 (450x600)



赤ちゃんの時は泣き虫だった「雷くん」





image2 (450x600)


まだまだおさな顔残る。
 boys



可愛いな・・・
ぎゅっとしたいな・・・





そんな「風くん&雷くん」ですが
「りこちゃん」が亡くなる前の2晩(16,17日)
寝つけなかったそうなのです。

こんなことは珍しい事でしたが
18日の夜からはいつもの睡眠に
戻ったのだと・・・

18日、と言えば「りこちゃん」が天に召されたその日です。

このお話を里親パパさまからお伺いして
これはどうしてもただの偶然ではないように思われました。

もしかしたら「りこちゃん」はその時もう、
旅立ちの挨拶をして廻っていたのかもしれません。





どこかしら「りこちゃん似」の
blue eyesの 「風くん」





寝起きの二人





どこかできっとその血縁はつながっているものと
思います。



賢い「風くん&雷くん」達には
りこちゃんの呼び声が聞こえたのではないでしょうか。

「もうすぐ、私は行きますね。」

「あとを頼みますよ。」
と・・・


もしかしたら少し「りこちゃん」
苦しかったのかもしれません。


優しい「風くん&雷くん」
煩悶して眠れなかったのはないでしょうか。


18日、「りこちゃん」は静かに旅立った。
だから「風くん&雷くん」は安心して
その夜からはいつもの眠りに
つくことが出来たのでははないでしょうか・・・


こんなふうに・・・





image5 (600x450)


私は「りこちゃん」の最後の2晩に
「風くん&雷くん」
付き添ってくれたような気がしてなりません。

たちは
たち同士で
なにかでつながりあっているのではないでしょうか。


神通力・・・?



亡くなったあの日から、
この会社の周りの
りこちゃんが暮らした空間に
いつもと違う空気を感じるのです。

「ななみちゃん」「みゅ~ちゃん」もずっと姿を見せません。

いつもフードのおこぼれをおねだりしていた
「からすさん」も「小鳥さん」
来なくなりました。

どことなく神妙な気配がするのです。

もしかしたらに服しているのかな?

「りこちゃん」血縁
ちゃんと立派に引き継がれています。



とっても
とっても
淋しいけれど
明日から弥生
3月ね



私も心の中にあなたを抱いて
歩き出すね


P1070765 (600x519)


こんなお写真に癒されながら・・・




image (3) (600x450)


「風くん&雷くん」の里親さま、
癒しのお写真、いつもほんとうにありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします























検索フォーム
愛しい猫たち
(私のもとに残った猫たち)
三毛猫「みみ」(先代)女の子 (ピーク時5.22kg、ダイエットして4.3kg位をキープしていました)
10歳の時に両親から譲り受ける。
平成21年7月31日19歳半で虹の橋を渡りました。
今はお空の上から交信中(*^^)v

mysweetmimi[1]

シャムミックス 「りこ」出生時期不明 平成28年2月18日虹の橋を渡りました。(年齢は7歳位?)会社裏に来るようになりTNRして見守っていましたが体調不良をきっかけに保護し通院しましたが叶いませんでした。今はお空から見ていてくれています。
201602241127119e5[1]

黒白はちわれ「もも」女の子 お年は不明。平成20年ごろ出生と予測しています。5.6kg。
平成21年12月18日野良ちゃんだった所を保護。我が家に入って頂きました。
(このお写真はまだお外で暮らしていた頃のもも)

秋の日のもも

さばとら白「あとむ」平成23年6月頃出生。 4.3kg。
平成24年3月5日保護→去勢手術→同月7日ももの弟として我が家に入りました。

アトム

三毛猫「みみ」(二代目=里子に出すつもりで保護し便宜上みみと名付けたままうちの子になってしまいました)平成24年5月中旬頃出生 3.0㎏s



赤ちゃんみみ

白三毛「ななみ」(平成23年10月頃出生と思われます。)上記に掲載した母猫「りこちゃん」を保護し亡くした後会社裏に一匹取り残されてしまい雄猫の侵入などもあり安住の地がなくなりました。このまま外にいては危険と判断し平成28年5月13日保護しお家に入れました。まだまだ家猫修行中!左側がななみちゃん、右側がママの「りこちゃん」
20140518173006780[1] - コピー
大人気ブログ 「金物屋の猫ページ」さんのお店です ↓
愛し猫(いとしねこ)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
オンラインアクセス数
現在の閲覧者数:
お買い物なら
アクセスカウンター
QRコード
QR
【ご協力のお願い】
*SOS*仙台の可哀想な猫ちゃんたちを守るためご協力をお願いします。
愛しい猫たち
(里子に行った猫たち)

(里子に行った日付の新しい順から掲載しています)

黒と白お顔の小さなスレンダーボディの可愛い女の子「あんず(杏)」(下記のすももちゃんとまだ里親募集中のゆずくんと3兄妹)平成28年7月11日出生。会社近くで産まれ離乳期近くなり会社の敷地にある猫ちゃん用フードを食べに来たところを車の往来を渡ってくることに心配で耐え切れず保護。(ママの「千鶴ちゃん」も後日保護し今は友人宅に居ます。)平成28年12月18日優しい里親さま(仙台市岩切在住19歳男子大学生)とご家族の子供に迎えて頂きました。↓20161012100531d9b[1] - コピー
黒と白クールビューティな女の子「すもも(李)」(現在のお名前は【ノアちゃん】) 平成28年7月11日出生。会社近くで産まれ離乳期近くなり会社の敷地にある猫ちゃん用フードを食べに来たところを車の往来を渡ってくることに心配で耐え切れず保護。(ママの「千鶴ちゃん」も後日保護し今は友人宅に居ます。)平成28年10月30日仙台市福室在住四人家族の優しい里親さまの子供に迎えて頂きました。↓sumomochan[1]
黒と白お鼻の横のほくろが可愛い「しずか」女の子 出生はおそらく平成26年の春ごろと推測されます。平成27年4月会社の裏庭に来ていたところを保護しました。その頃すでに一歳位だったものと思われます。平成27年5月30日県内登米市の素敵な里親さまの子供になりました。↓201511161433013a7s[1] (113x200)
白地に黒縞斑紋「モモ」女の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年12月3日保護→平成26年1月4日素敵な里親さまの子供になりました。(姉妹の「ナナ」と一緒にお迎え頂きました。↓サイドバー用苺

黒猫「ナナ」女の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年11月28日保護→12月21日に我が家へ移動→平成26年1月4日素敵な里親さまの子供になりました。(姉妹の「モモ」と一緒にお迎え頂きました。↓ななとももツーショット

シャムミックス「風(ふぅ)」男の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年10月31日保護→12月17日素敵な里親さまの子供になりました。(兄弟の「雷(らぃ)」と一緒にお迎え頂きました。↓風くん

濃グレーきじ×白「雷(らぃ)」男の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年10月31日保護→12月17日素敵な里親さまの子供になりました。(兄弟の「風(ふぅ)」と一緒にお迎え頂きました。↓ 雷くん

むぎわら柄「こむぎ」女の子
平成24年5月出生→同年年7月13日保護→9月7日優しい里親さんの子供になりました。「むぎ」と名付けていただきました。↓
小麦

濃グレー×白(長毛)「ポアロ」男の子 平成24年5月出生→同年6月27日保護→7月10日優しい里親さんの子供になりました。↓
赤ちゃんポアロ

茶×白(長毛)「シャーロック」男の子(「ポアロ」と兄弟
平成24年5月出生→同年7月13日保護→その日のうちに「ポアロ」の里親さんのもとに兄弟で迎えて頂きました。↓
201310080857551a0[1]

きじとら(濃グレー)×白
「ミント」男の子 平成23年10月頃出生→平成24年4月
優しい里親さんの子供になりました。↓
千葉建時代のミント
最新トラックバック

PAGE TOP