HOME   »   地域猫・外猫・野良猫  »  野良猫保護①(カンピロバクター)
RSSフィード


babymimi[1]


平成24年7月14日、この日は土曜日で会社は休みでしたが朝の餌やりに行きました。
(上の画像は8月12日撮影)

そしてこの日一匹の小さな三毛猫を捕まえました。

ほとんどの仔猫は逃げられてしまうため後日保護器を使用して捕獲する予定でしたが
そろそろ母猫の免疫が切れ始めるこの時期には体調を崩し弱っている仔猫は悲しいかな、
素手で捕えることが出来ました。

そんな風にして保護した仔猫たちがサイドバーに掲載した
「二代目みみ」「ポアロ」「シャーロック」「むぎ」たちです

なかでもこの「みみ」はかなり状態が悪そうで、よろよろとしていたので片手でたやすく捕まえることができました。
恐らく生後二カ月位のはずなのに大きさが手のひら大しかなく、おめめは鼻気管炎のせいか目やにでぐちゃぐちゃ、水下痢を垂れ流しているようでした。

それでもとりあえずのダンボールケージの中に入れたあとは果敢に威嚇してきましたがほどなく静かになりました。

「保護したらまずは病院!」と早朝から営業している1件めに訪れた小さな個人病院で下痢で汚れた身体を優しく洗って頂き皮下点滴と投薬をされました。
そして帰る時「もしかしたら生存は危ういかもしれない」と告げられました。それほど重症とは思っていなかっただけにショックでした。

家に帰りa/d缶をお湯で溶いてお口に運んでもかたくなに開こうとせず、シリンジで少量流し込むのが精いっぱいでした。
うずくまっていた身体はとうとう横たわり、カイロを入れているにも関わらず心なしか冷たくなっているような気がしました。
あの先生がおっしゃるように「もう駄目なのだろうか・・・?」と思ってはたものの
何かに背中を押されるように先代みみが最期お世話になったあの病院へ行ってみよう、と思い立ち車を走らせました

病院の受付で状態を告げると外に出たまま血液検査をされ重大な感染症がない事を確認してはじめて中へ入る事を許されました。
そしてそのまま即入院となりました。

この時入院用に便宜上先代猫と同じ名前とつけられたみみは体重240グラムしかない小さな体の細い首から静脈点滴を打たれ酸素室へ入りました。
この時の獣医師の診断は「カンピロバクターの異常繁殖」で「低体温」「低血糖」「脱水」の症状がある、とのことでした。

この動物病院は獣医師が複数いて午前2時まで営業しています。病院には過剰な装飾はないですが機材の設備は充実しています。今回のみみの診察から入院までの一連の流れはあっという間で1件目の病院での診断に反してここでは生への希望が見えてきました。当たり前のことですが病院の設備や技術の格差を思い知った経験でした

そして事前に提示された見積書の金額はだいたい7~8万円でした


ランキングに参加しております。
ぽちっと押して頂けますと励みになります
どうぞよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村















Relate Entry
検索フォーム
愛しい猫たち
(私のもとに残った猫たち)
三毛猫「みみ」(先代)女の子 (ピーク時5.22kg、ダイエットして4.3kg位をキープしていました)
10歳の時に両親から譲り受ける。
平成21年7月31日19歳半で虹の橋を渡りました。
今はお空の上から交信中(*^^)v

mysweetmimi[1]

シャムミックス 「りこ」出生時期不明 平成28年2月18日虹の橋を渡りました。(年齢は7歳位?)会社裏に来るようになりTNRして見守っていましたが体調不良をきっかけに保護し通院しましたが叶いませんでした。今はお空から見ていてくれています。
201602241127119e5[1]

黒白はちわれ「もも」女の子 お年は不明。平成20年ごろ出生と予測しています。5.6kg。
平成21年12月18日野良ちゃんだった所を保護。我が家に入って頂きました。
(このお写真はまだお外で暮らしていた頃のもも)

秋の日のもも

さばとら白「あとむ」平成23年6月頃出生。 4.3kg。
平成24年3月5日保護→去勢手術→同月7日ももの弟として我が家に入りました。

アトム

三毛猫「みみ」(二代目=里子に出すつもりで保護し便宜上みみと名付けたままうちの子になってしまいました)平成24年5月中旬頃出生 3.0㎏s



赤ちゃんみみ

白三毛「ななみ」(平成23年10月頃出生と思われます。)上記に掲載した母猫「りこちゃん」を保護し亡くした後会社裏に一匹取り残されてしまい雄猫の侵入などもあり安住の地がなくなりました。このまま外にいては危険と判断し平成28年5月13日保護しお家に入れました。まだまだ家猫修行中!左側がななみちゃん、右側がママの「りこちゃん」
20140518173006780[1] - コピー
大人気ブログ 「金物屋の猫ページ」さんのお店です ↓
愛し猫(いとしねこ)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
オンラインアクセス数
現在の閲覧者数:
お買い物なら
アクセスカウンター
QRコード
QR
【ご協力のお願い】
*SOS*仙台の可哀想な猫ちゃんたちを守るためご協力をお願いします。
愛しい猫たち
(里子に行った猫たち)

(里子に行った日付の新しい順から掲載しています)

黒と白お顔の小さなスレンダーボディの可愛い女の子「あんず(杏)」(下記のすももちゃんとまだ里親募集中のゆずくんと3兄妹)平成28年7月11日出生。会社近くで産まれ離乳期近くなり会社の敷地にある猫ちゃん用フードを食べに来たところを車の往来を渡ってくることに心配で耐え切れず保護。(ママの「千鶴ちゃん」も後日保護し今は友人宅に居ます。)平成28年12月18日優しい里親さま(仙台市岩切在住19歳男子大学生)とご家族の子供に迎えて頂きました。↓20161012100531d9b[1] - コピー
黒と白クールビューティな女の子「すもも(李)」(現在のお名前は【ノアちゃん】) 平成28年7月11日出生。会社近くで産まれ離乳期近くなり会社の敷地にある猫ちゃん用フードを食べに来たところを車の往来を渡ってくることに心配で耐え切れず保護。(ママの「千鶴ちゃん」も後日保護し今は友人宅に居ます。)平成28年10月30日仙台市福室在住四人家族の優しい里親さまの子供に迎えて頂きました。↓sumomochan[1]
黒と白お鼻の横のほくろが可愛い「しずか」女の子 出生はおそらく平成26年の春ごろと推測されます。平成27年4月会社の裏庭に来ていたところを保護しました。その頃すでに一歳位だったものと思われます。平成27年5月30日県内登米市の素敵な里親さまの子供になりました。↓201511161433013a7s[1] (113x200)
白地に黒縞斑紋「モモ」女の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年12月3日保護→平成26年1月4日素敵な里親さまの子供になりました。(姉妹の「ナナ」と一緒にお迎え頂きました。↓サイドバー用苺

黒猫「ナナ」女の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年11月28日保護→12月21日に我が家へ移動→平成26年1月4日素敵な里親さまの子供になりました。(姉妹の「モモ」と一緒にお迎え頂きました。↓ななとももツーショット

シャムミックス「風(ふぅ)」男の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年10月31日保護→12月17日素敵な里親さまの子供になりました。(兄弟の「雷(らぃ)」と一緒にお迎え頂きました。↓風くん

濃グレーきじ×白「雷(らぃ)」男の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年10月31日保護→12月17日素敵な里親さまの子供になりました。(兄弟の「風(ふぅ)」と一緒にお迎え頂きました。↓ 雷くん

むぎわら柄「こむぎ」女の子
平成24年5月出生→同年年7月13日保護→9月7日優しい里親さんの子供になりました。「むぎ」と名付けていただきました。↓
小麦

濃グレー×白(長毛)「ポアロ」男の子 平成24年5月出生→同年6月27日保護→7月10日優しい里親さんの子供になりました。↓
赤ちゃんポアロ

茶×白(長毛)「シャーロック」男の子(「ポアロ」と兄弟
平成24年5月出生→同年7月13日保護→その日のうちに「ポアロ」の里親さんのもとに兄弟で迎えて頂きました。↓
201310080857551a0[1]

きじとら(濃グレー)×白
「ミント」男の子 平成23年10月頃出生→平成24年4月
優しい里親さんの子供になりました。↓
千葉建時代のミント
最新トラックバック

PAGE TOP