HOME   »   地域猫・外猫・野良猫  »  【会社猫】 外猫ちゃんへの投薬 
RSSフィード


 もう東京では紫陽花のつぼみが膨らんだのだそうです

例年よりあったか~い毎日。

外猫ちゃん達もこれまでの緊張が和らいで
少しは良い季節かもしれません。

我が【会社猫】ちゃんたちも

初春には訪れていた雄猫ちゃんの到来が減ったことや

敷地の工事
(あの灼熱の鉄板を剥がしアスファルト敷きにしました)
が終わったこともあり

なんとな~くのんびりしたかのように感じます。

とは言え、
【りこちゃん】のお口の様子が一進一退なので
与えすぎない程度に投薬を続けているのです。

りこちゃん450


できることなら通院させたいのですがそれが難しく
このような消極的な措置しか出来ない自分が
いつも情けない
のですが。

(ダンボールベッドに敷いているフリースに
こんな風に粘液が付いているのです)



P1070672 (450x338)


【りこちゃん】はお薬の味に敏感なのでそのままでは
お口に入れてはくれません。

(苦いのでりこちゃんでなくても当然ですが。)


これまでお薬を
【お刺身INN】【銀のスプーン缶詰INN】
しましたが
今は、
【シーバINN】 しています。

かりかりの中身がクリーミーなあの【シーバ】です。


シーバをカッターで半分にして
中のクリーミー部分を抜き取って
そのくぼんだ部分にCRUSHしたお薬を詰め込み
さっき抜き取ったクリーミー部分を埋め戻す、
という細かい作業です。

P1070673 (450x338)

ただ最近のりこちゃんは他の所へ
(本来はそこが彼女の本拠地なのかも)
出かけている事が多いのです。

その為
【りこちゃん】にピンポイントで与えることが難しく
仕方なく置き餌に混ぜる、というやり方を摂っているのです。

このような方法では
彼女以外の猫ちゃんの
(例えば【ななみちゃん】とかの)

お口に入ってしまう事も大いに考えられる為
必然的に最小限の量、ということになります。

(【ななみちゃん】もシーバが好きなの



P1070615 (450x338)


我ながらもどかしいところですが
あとは「運を天にまかす」みたいな感じで

「どうかりこちゃんのお口に入りますように」
お祈りしながら
お薬を丸めています



りこちゃん、
がんばろね~



















Relate Entry
Comment
197
Re: タイトルなし
千代ままさま

おはようございます!

「シーバ半割戻しの技」(笑)

目をしばしばしながらの細かい作業で
いつもなら飽きっぽい性格の私なのに
あの子たちのためとなると
ちっとも苦になりません。

正直私の人生で
今がいちばん一生懸命かもしれません(^-^)

千代ままさまの猫ちゃんたちは
だいぶ慣れてきているのですねぇ。

愛情をもって
根気強く努力なさったのだと思います。

ただフードを上げるだけではなく
触れるように
果ては抱っこできる位になるよう
私も頑張ってみます。

本当に
「粘り」大事ですね!

これからも
お互い励まし合いながら頑張りたいです。

よろしくお願いいたします(^-^)



196
口腔内の病気は本当に厄介ですね
まして 触れ無い子となると (-。-;
シーバ半割り戻しの技、
頂きましたァ❗️ やってみます。
細やかな作業に愛を感じますね
りこちゃん食べて下さいね。
さて、我が家の外猫達は
2匹だけ手からご飯を食べる様に
なりましたァ〜
でも、美味しい物だけです…
ダッコや散歩も出来る子が居るので
その姿を見せています
怖い人じゃないよ〜みたいに
いつか、ゴロゴロが聞きたいです
ご飯中のブラシは出来るのになー
粘りましょうね
私達が諦めたら 道は閉ざされます
あの子達の為に*\(^o^)/*



Trackback
Comment form
検索フォーム
愛しい猫たち
(私のもとに残った猫たち)
三毛猫「みみ」(先代)女の子 (ピーク時5.22kg、ダイエットして4.3kg位をキープしていました)
10歳の時に両親から譲り受ける。
平成21年7月31日19歳半で虹の橋を渡りました。
今はお空の上から交信中(*^^)v

mysweetmimi[1]

シャムミックス 「りこ」出生時期不明 平成28年2月18日虹の橋を渡りました。(年齢は7歳位?)会社裏に来るようになりTNRして見守っていましたが体調不良をきっかけに保護し通院しましたが叶いませんでした。今はお空から見ていてくれています。
201602241127119e5[1]

黒白はちわれ「もも」女の子 お年は不明。平成20年ごろ出生と予測しています。5.6kg。
平成21年12月18日野良ちゃんだった所を保護。我が家に入って頂きました。
(このお写真はまだお外で暮らしていた頃のもも)

秋の日のもも

さばとら白「あとむ」平成23年6月頃出生。 4.3kg。
平成24年3月5日保護→去勢手術→同月7日ももの弟として我が家に入りました。

アトム

三毛猫「みみ」(二代目=里子に出すつもりで保護し便宜上みみと名付けたままうちの子になってしまいました)平成24年5月中旬頃出生 3.0㎏s



赤ちゃんみみ

白三毛「ななみ」(平成23年10月頃出生と思われます。)上記に掲載した母猫「りこちゃん」を保護し亡くした後会社裏に一匹取り残されてしまい雄猫の侵入などもあり安住の地がなくなりました。このまま外にいては危険と判断し平成28年5月13日保護しお家に入れました。まだまだ家猫修行中!左側がななみちゃん、右側がママの「りこちゃん」
20140518173006780[1] - コピー
大人気ブログ 「金物屋の猫ページ」さんのお店です ↓
愛し猫(いとしねこ)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
オンラインアクセス数
現在の閲覧者数:
お買い物なら
アクセスカウンター
QRコード
QR
【ご協力のお願い】
*SOS*仙台の可哀想な猫ちゃんたちを守るためご協力をお願いします。
愛しい猫たち
(里子に行った猫たち)

(里子に行った日付の新しい順から掲載しています)

黒と白お顔の小さなスレンダーボディの可愛い女の子「あんず(杏)」(下記のすももちゃんとまだ里親募集中のゆずくんと3兄妹)平成28年7月11日出生。会社近くで産まれ離乳期近くなり会社の敷地にある猫ちゃん用フードを食べに来たところを車の往来を渡ってくることに心配で耐え切れず保護。(ママの「千鶴ちゃん」も後日保護し今は友人宅に居ます。)平成28年12月18日優しい里親さま(仙台市岩切在住19歳男子大学生)とご家族の子供に迎えて頂きました。↓20161012100531d9b[1] - コピー
黒と白クールビューティな女の子「すもも(李)」(現在のお名前は【ノアちゃん】) 平成28年7月11日出生。会社近くで産まれ離乳期近くなり会社の敷地にある猫ちゃん用フードを食べに来たところを車の往来を渡ってくることに心配で耐え切れず保護。(ママの「千鶴ちゃん」も後日保護し今は友人宅に居ます。)平成28年10月30日仙台市福室在住四人家族の優しい里親さまの子供に迎えて頂きました。↓sumomochan[1]
黒と白お鼻の横のほくろが可愛い「しずか」女の子 出生はおそらく平成26年の春ごろと推測されます。平成27年4月会社の裏庭に来ていたところを保護しました。その頃すでに一歳位だったものと思われます。平成27年5月30日県内登米市の素敵な里親さまの子供になりました。↓201511161433013a7s[1] (113x200)
白地に黒縞斑紋「モモ」女の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年12月3日保護→平成26年1月4日素敵な里親さまの子供になりました。(姉妹の「ナナ」と一緒にお迎え頂きました。↓サイドバー用苺

黒猫「ナナ」女の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年11月28日保護→12月21日に我が家へ移動→平成26年1月4日素敵な里親さまの子供になりました。(姉妹の「モモ」と一緒にお迎え頂きました。↓ななとももツーショット

シャムミックス「風(ふぅ)」男の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年10月31日保護→12月17日素敵な里親さまの子供になりました。(兄弟の「雷(らぃ)」と一緒にお迎え頂きました。↓風くん

濃グレーきじ×白「雷(らぃ)」男の子 平成25年9月中旬~10月頃出生→同年10月31日保護→12月17日素敵な里親さまの子供になりました。(兄弟の「風(ふぅ)」と一緒にお迎え頂きました。↓ 雷くん

むぎわら柄「こむぎ」女の子
平成24年5月出生→同年年7月13日保護→9月7日優しい里親さんの子供になりました。「むぎ」と名付けていただきました。↓
小麦

濃グレー×白(長毛)「ポアロ」男の子 平成24年5月出生→同年6月27日保護→7月10日優しい里親さんの子供になりました。↓
赤ちゃんポアロ

茶×白(長毛)「シャーロック」男の子(「ポアロ」と兄弟
平成24年5月出生→同年7月13日保護→その日のうちに「ポアロ」の里親さんのもとに兄弟で迎えて頂きました。↓
201310080857551a0[1]

きじとら(濃グレー)×白
「ミント」男の子 平成23年10月頃出生→平成24年4月
優しい里親さんの子供になりました。↓
千葉建時代のミント
最新トラックバック

PAGE TOP